successboard

メッセージ ~社長インタビュー~

代表取締役社長  萱野 聡

代表取締役社長  萱野 聡(かやの さとる)
日本通運株式会社、SAPジャパンで採用・教育を中心とした人事業務全般に幅広く従事。人事コンサルタントとして独立後、採用コンサルタント、研修講師、キャリア・アドバイザーとして活躍中。
米国CCE Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー、産業カウンセラー

■サクセスボードとはどんな会社ですか?

 一言で言うと、企業や組織の中で働く人たちが、少しでも幸せになれるように支援する会社でありたいと思っています。私自身も含め人事経験を豊富に持ったスタッフが、より働きやすい環境創りをその企業の人事の方々と一緒に実現していくことを目指しています。
働きやすい環境とは、自分の成長を実感できるとか、やりがいを感じるとか、一人一人違うと思いますが、その組織と個人の折り合いがうまくついている状態で、それをキャリア・カウンセリングという手法を用いて実現していきたいと考えています。

■キャリア・カウンセリングとの出会いはどのようなものだったのですか?

 このキャリア・カウンセリングの分野を仕事にしようと思ったのは、"人事"という仕事に出会ったことが始まりですね。世界をまたにかけて歩くスーパーセールスのような海外営業の仕事をしたくて転職したのですが、配属になったのが営業ではなく人事でした。そこで最初に担当した仕事が新卒採用の仕事です。当時の上司に「採用の仕事は会社を売り込むという意味で営業と同じだ」と言われました。
ここで採用するだけではなくて、採用して、配属して、フォローアップの研修をしたりと配属後の新入社員を長いスパンで見ていくうちに学生のころの生き生きとした表情とか目の輝きとかがどんどんなくなっていく、挙句の果ては自分が採用した社員が2年3年で退職手続きに舞い戻ってくるということを何度も経験し、その変化に疑問を持つようになりました。

どうやったら彼らが入社前の学生のころの生き生きとした表情で、輝いた目のままで、組織の中で仕事を続けていけるのかという問題意識の中で、たまたまカウンセリング心理学を学ぶ機会に恵まれました。なんとなく面白そうだなと思い、その講座に通いだしたところ今まで疑問に思っていたことを解決するきっかけになると直感し、そこからその分野に非常に興味を持つようになったのです。
社員一人ひとりの仕事の内容や、やりがいをカウンセリングによってじっくり話し合いながらフォローしていくというスタイルを取り入れることで、入社後すぐに退職してしまう若手社員を救えるのではないかと思いました。
まずは自分がいた組織をよくするために、カウンセリングの仕組みをそこの会社の中に入れようと努力しましたが、社内で仕組みを導入してそれを実施するためには、大きな会社だと、私の一存では、なかなか理解が得られずうまくいきませんでした。しかし、私自身はできるだけ現場の社員の声に耳を傾けようと本社を飛び出して各支店をまわり、社員と話す機会を持つ努力を続けましたね。

■なぜサクセスボードという会社を作ったのですか?

代表取締役社長  萱野 聡  自社内にカウンセリングシステムを入れようと孤軍奮闘しているうちに、世の中の流れが思ったより早くカウンセリングに注目するような動きがでてきて、この分野の第一人者になれなくなるのではないかという危機感を感じました。キャリア・カウンセリングの分野でなんとか自分が第一人者としてやっていきたいと思い、組織を飛び出して、外からサービス提供する側に立つことを決意しました。
もともと、自分で独立して会社をやってみたいという思いは20代前半のころからありまして、ただ、どの分野でどういうサービスで起業するのかは、20代の頃は漠然としていました。そこで自分が起業する分野をどんなポイントで探したかというと、一つ目は『アメリカで流行っていて日本に広まっていないもの』、二つ目が『自分が働き盛りのうちに日本で流行るもの』、この二つの観点で探していきました。
そういうものを探しながら、日々目の前の仕事を一生懸命やって行く中でこのカウンセリングに出会いました。アメリカでは、コンビニの2階にカウンセリングルームがあると聞きました。そのぐらい普通に町へ出て行って、誰でもがカウンセリングを受けられるというくらい広まっている状況。これはたぶん日本に来るだろうと思いました。そして案の定、私が思っていたより早く波が来たのです。

もう一つキャリア・カウンセリング分野で起業した背景として日本の人事の流れがあります。バブル崩壊後、間接部門のリストラや効率化を進めた結果、現場の視点で現場の話を聞いて、それで一番良い解決策を見つけましょうという、昔ながらの人事を行う余裕がなくなってきました。私はそういう現場視点の社員フォローをしっかりやる会社に長くおりまして、会社組織の中の黒子みたいな人事を行ってきたのですが、そういう人事というのが、日本の社会全体の中で実施されなくなってきたために現場と人事が離れてしまったのではないでしょうか。いわば制度設計、人事企画だけ行っていて、社員とのダイレクトなコミュニケーションは減っていると思います。
そのコミュニケーションを補うためにキャリア・カウンセリングが役立つと考えました。人事と現場が離れてしまったころに、私たちがお手伝いすることでそこを結びなおすことができれば、その会社の従業員もハッピーになるだろうし、人事が忙しくて社員の声を聞くことに手が回らないところにも、代わりに補完することもできると思います。

以上のような自分の経験と思いと夢が重なったタイミングで起業できたのではないかと思います。チャンスが来たときは逃さずとらえるというのは重要だとずっと思っていたので、会社という形態で自分でビジネスをやる選択をしました。

Copyright(c)successboard. All Rights Reserved.